COMPANY

会社情報

社長メッセージ

マリンネットは海運・造船業界内での中立的な立場に立脚し、人・情報・技術の繋がりで海運・造船業界の未来を創ることに貢献して行きます。

 6月29日(月)に第21回定時株主総会を無事終え、取締役6名が選任され、新たなスタートを切りました。
 マリンネットは、今年2月に設立20周年を迎え、この節目に、企業理念を策定することといたしました。幹部社員に対し、当社は何をする会社なのか、また、それは何のためにやっているのか、との問いかけを行いました。様々な回答が得られ、その回答の中からキーワードを抽出し、大きく掲げたのが「未来」と「繋ぐ」です。そして、その他のキーワードにより、行動指針を定めました。海運・造船業界は、歴史ある伝統的な産業でありますが、自動航行船や新エネルギーの利用など、これまでの概念を打ち破る様々な取り組みがなされています。海運・造船業界の未来は明るく、その明るい未来創出に少しでもお役に立ちたいとの思いがこの理念には込められております。
 当社は、中立な立場に立脚し業界全体が発展して行くことに寄与して行きたいと考えております。その方策を講じる事業分野を3つ、ネットワーク事業、船舶金融支援事業、船舶管理支援事業を注力事業として再認識し、役職員一丸となって取り組んで参ります。
 新型コロナウィルスの影響がいつまで続くのか不透明な世の中ではありますが、前向きに知恵を絞り、社員の働き方も進化させ、この困難な時を突き進んで行きたいと思います。
 マリンネットに益々のご愛顧を賜りますようよろしくお願いいたします。

2020年6月
代表取締役社長
谷繁強志